キスの一夜干しをしてみたけどやはりキスは天ぷらがうまいを再確認

こんにちは。medacado_lifeです。

ファミリーフィッシング歴1年の私ですが、ターゲット魚種によって場所、仕掛けを変えるぐらいには成長しています。

最近はもっぱらキス釣りですが、天ぷらも飽きたし、今回は「一夜干し」にチャレンジ。

 

【用意するもの】

近所の海で釣ってきたキス

100均の塩

f:id:medacado:20170725094355j:plain

 

【一夜干し】

1)塩水に30分くらいつける

最適な塩分濃度が分からなかったので今回は5%-10%-15%の3パターンを試しました。

f:id:medacado:20170725094428j:plain

2)30分つけたら水洗いして、水気をよく切る

3)干網で干す!

今回は一夜(23時~翌朝8時)くらいまで干してみました。

※干網なんて持ってないので小魚の仕掛け網を利用しました

f:id:medacado:20170725094704j:plain

【結果】

うまく干せました。そして軽く焼いて食べました。

ベストな塩分濃度は・・・・「5%」

10%、15%は少し塩辛かったです。お酒を飲む人にはちょうどいいのかな?

私は飲まないので5%。

でも、やはり、キスは「天ぷら」が一番!!

以上。

 

 

広島市中央公園ファミリープールに今年は何回通うのだ

 

こんにちは。medacado_lifeです。

2017年夏、今年は何回ファミリープールに行けば子どもたちは満足するのか知らないですが、くそ暑い中公園で遊ぶわけにも行かないので我が家の週末はプール一択です。

数えたら去年はこのプールに4回行ってました。

 

【プールへ行った日時】

2017年7月15日(土) 12時~17時

天候:晴れ時々曇り

気温:32℃

混み具合:そこそこ(ピークは12時くらいだと思いますが、休憩場所はすぐ取れました)

f:id:medacado:20170718114109j:plain

 

【中央公園ファミリープール情報】

住所:広島市中区基町4番41号

2017年開園期間:7月1日(土)~8月31日(木)(休園日なし)

入園料:大人(18歳~64歳)780円  小人(小学生~高校生、)340円 

幼児無料、65歳以上は340円

 

【我が家(大人2、幼児2)で1回にかかる大体の費用】

3760円

内訳

入園料780円×2(大人2人分、幼児無料)

ロッカー代100円×2

お菓子代200円(持ち込み)

昼食代1500円(持ち込み)

飲み物代300円(持ち込み)

 

【快適に、安く楽しむポイント】

中央公園ファミリープールは持ち込み自由なので、事前の準備をきっちり行うことで、安く快適にプール生活を送ることができます。

ポイント①

食べ物、飲み物はクーラーボックスに入れて持ち込み園内では何も買わない!

ポイント②

適度なサイズのレジャーシート&アウトドアチェア(小さめ)を大人人数分

※子供は地べたに座らせればオッケー!

とりあえずこの2点を遵守すればワンランク上のプール生活を送れます。

 

【個人的に気に入っているポイント】

ポイント①

浮き輪の空気入れサービス(電動)がある!無料!


ポイント②

混まない!混んでも常に人が入れ替わっているので場所取り(屋根付き)に苦労しない!

12時~13時くらいが入園者ピークですが、皆さん滞在時間3~5時間くらいなので、ピーク時間はほんのわずかです。


ポイント③

適度な休憩(1時間に5分)が設けられ、監視員の目も厳しいので安心感抜群。

 

【不満な点】

なし!

 

 

それでは紫外線には十分注意して楽しんで下さい。

 サングラスした方がいいかも。

ゴーグルもあった方がいいです。

 

 

 

 

 

 

廿日市のホタルが今年も夜空に飛び立った2017年

はじめまして。medacado_lifeです。

廿日市駅から車で15分で行けるホタルの生息地に足を踏み入れてみました。

日時:2017年6月21日(水) 20:30-21:00

天候:晴れ(前日は雨)

気温:22℃

 

f:id:medacado:20170622235010j:plain

 

2016年も同じくらいの時期に訪問してかろうじて20匹くらいの蛍を見ることができたので、今年もいるかなと期待しながら夜道を歩くこと10分。

はい。2017年もちゃんと飛んでいました。

 

【アクセス】

f:id:medacado:20170623000129j:plain

自宅(廿日市駅の近く)から車で15分+徒歩10分くらいです。

大野インターからすぐの「中津岡川」橋付近に車を停めて、川沿いに10分ほど歩くと目的地の人工堰に着きます。

f:id:medacado:20170623002732j:plain

 

【蛍を見た場所」

ところどころに堰が設けてあるので土石流対策なんでしょうね。土石流注意看板が立っていました。

蛍と会えるのは川沿いの道を10分ほど歩いた先にあるこんなところです。

結構広い空間なので、蛍飛行の一部始終をつぶさに確認できます。

この日は自分たち家族のみしかおらず蛍ショーの独り占めでした。

週末は多少は賑わうのかも知れないですね。

 

f:id:medacado:20170623001435j:plain

f:id:medacado:20170623001533j:plain

 

【持ち物】

街灯はあるものの、足元は暗いです。

1人1個の懐中電灯はあった方がよいです。

蚊は気にはならなかったですが、やはり虫除け対策はいるでしょう。

あとは虫取り網

決して持ち帰るために使用するのではなく、目の前にきた蛍をあわよくば捕まえて、

子供に間近で見せてあげるために使います。

 【その他気をつけたいこと】

周りは民家です。蛍を発見してテンション上がりますが歓声はぐっと抑えて。

川と森に囲まれているので市内に比べて2~3℃涼しい気がします。何か1枚羽織るものはあったほうがいいかもです。

 

現場からは以上です。